白い歯

綺麗な口元を手に入れる方法【審美歯科治療で綺麗な笑顔】

3つの根管治療

歯医者

虫歯が進行すると最悪の場合、歯を抜かなくてはならないこともあります。歯の神経部分にまで虫歯菌が入り込むと、痛みや腫れといった症状が出てしまいます。この状態にまでなると、最近の影響で歯や顎の骨が溶けてしまいます。このような状態になってしまった場合は、根管治療を受けることで、症状を改善することが出来ます。今後、根管治療を受ける可能性があるなら治療の種類を知っておきましょう。根管治療は抜髄、感染根管治療、再根管治療の3つに分けることが出来ます。これらの治療にはそれぞれ特徴があるので、しっかりと確認しておきましょう。

抜髄治療とは、虫歯で炎症を起こしている神経を取り除く治療のことを言います。歯の中には歯髄と呼ばれる神経が通っている部分があります。この歯髄に虫歯菌が感染することで歯髄炎を発症し、歯痛が起こってしまいます。歯髄炎になってしまった歯髄は、二度と元の状態に戻ることが無いため抜髄治療を行なわなければならないのです。

そして感染根管治療は、歯の内部にたまった汚染物質を綺麗に取り除く治療になります。歯髄が炎症を起こす痛みを感じますが、これが死んでしまうと一時的に痛みを感じなくなります。しかしこれを放置していると、根尖性歯周炎とって歯を支える歯根部分に激痛が起こることがあります。この痛みを解消できるのが感染根管治療なのです。

再根管治療とは、初回に根管治療を行なったけれども歯の周りの痛みや違和感が無くならなかった場合に行なわれる治療になります。このように根管治療と言ってもその種類によって、治療内容が異なります。歯の症状に合わせて最適な治療を選びましょう。